本気で就職したい学生が書くブログ

就活を制すため、日々ニュースの時事ネタなどを書いていきます!

ブラック企業大賞の季節…

寒い日が続いて、手袋が手放せない日々が続いています。

こんなにも寒い中外を歩き回るって大変ですよね。就活の時期には暖かい季節にはなると思いますが。

 

今回はこのニュースについて書いていきたいと思います。

 

[あの有名企業も。「ブラック企業大賞2017」にノミネートされた9社とは]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00010002-bfj-bus_all

 

今年ももうブラック企業大賞の話題が出る時期になってきましたね。

就活する身としては、就職先がブラック企業という結末にはなりたくないですから。

私の先輩にも、就職先がブラック企業で、精神的に病んでしまい1年も経たずに辞めて同期もたくさん辞めていったという話を聞いたときは私も就職先を選ぶのには慎重に決めていかなければいけないなと思いました。

 

さて、ニュースの話に戻りまして、今回ノミネートされたのは下記の9社でした。

ゼリア新薬工業株式会社

・株式会社いなげや

パナソニック株式会社

新潟市民病院

日本放送協会NHK

・株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西

大成建設株式会社・三信建設工業株式会社

大和ハウス工業株式会社

ヤマト運輸株式会社

 

こうしてみると、誰もが聞いたことのある企業がノミネートされていますね。

ヤマト運輸株式会社はブラック企業として有名ですが、今も体質的に変わっていないのでしょうかね?労働基準法への違反例が数多く報告されていたそうなので、改革されていると信じているのですが、現場を見ない限り分からないですよね…。

 

次の気になったニュースは、

[出光創業家、次の一手は? 増資で「拒否権」失う]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21270080Z10C17A9X12000/

 

増資公募を行ったことで、創業家の持ち株の比率を下げ株主総会での拒否権を失うことになりました。この行為はだまし討と言われても仕方のない行為だと思いますね…。まだまだ続いているお家騒動。このような強行突破をしても創業家は合併を反対することを諦めていません。社風も違いますし合併をしても上手くいく未来図が見えないのでしょう。今後どのような展開になるか気になる所です。

流行語

いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今年は結構長く暑かったので過ごしやすい秋の時期が短いですね。もう寒くて朝起きるときにエアコンなんかつけちゃってます。

 

さて、今年も流行語大賞のノミネートが発表されましたね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6260534

 

芸能でいうとブルゾンちえみの「35億」やサンシャイン池崎の「空前絶後の」がノミネートされていますね。

政治からは豊田真由子議員の「ちーがーうーだーろー!」が入って来てます笑

でも今年も「え!?その言葉流行ってた!?」っていう言葉が大賞取ったりしちゃうんですかね。実際ノミネートされている言葉にも初めて聞いた言葉ありますからね。アウフヘーベンとか。

僕の予想としては「インスタ映え」が受賞するのではないかと思いますがどうでしょうか。

若年層だけの言葉だから厳しいのかなぁ。

話は変わりますが最近注目している出光と昭和シェル石油の合併、出光のお家騒動問題について。

そろそろいつ合併が実現してもおかしくない様な状態になってきました。

こちらの記事の出光の話の所がわかりやすく説明してくれています。

創業家の内紛シリーズ ビジネスライクな争い編1】

https://maonline.jp/articles/naihun1?page=2

 

重要なのは出光の件の後ろの書いてある部分ですよね。

新株が発行されたことにより創業家側の持ち株が合併拒否権の基準となる3分の1超を割ってしまうというところ。

株に関してそこまで精通していないのでキチンとはわからないのですが、これはもう、創業家側が昭和シェルとの合併に反対しても株式総会とかでゴリ押しされてしまう→反対したとて結局合併する→パワーバランスが崩れて更に創業家側の発言権が無くなるって事ですよね?

いやぁ、自分達の一族が作った会社なのにどんどん肩身が狭くなってしまう創業家側の気持ちを考えるとやるせないですね。

このまま行くと合併は避けれないのでしょうか。強硬策を取るのはいいですが企業イメージを損なう部分もある気がします。

とにかく今後も状況を見守りたいですね。

 

ニュースに敏感でい続けよう

これまでの学生生活では、勉強でもスポーツでも努力すると目標は達成することが出来ました。努力は裏切らない、とよく聞きますが、これは本当のことだと実感して生きてきました。けれど最近就活を始めてから、自分がいくら努力しても結果が伴わないこともあるのだと痛感しています。もちろん筆記試験の勉強もしていますし、エントリーシートや履歴書の書き方も大学で指導を受け、志望動機も受ける会社によってしっかり考えて書いているつもりです。けれど、その後一番重要な面接が待ち構えています。筆記試験やエントリーシートでの選考はいくらでも合格しますが、面接へと進むとことごとく失敗しているというのが悲しい現状です。志望動機や企業研究も怠っているつもりはありませんが、それでも面接で上手く答えることが出来ずに手ごたえを感じたこともありません。周囲では既に内定を手にしている友人もいて、正直焦りが無いと言えば嘘になります。けれどこのまま同じように面接に臨んでいては同じ結果の繰り返しです。面接で一緒になる他の受験生と自分との受け答えの違いについて、まずは考えてみることにしました。そこで感じたのが、自分の時事ニュースについての知識の無さです。面接官によっては最近話題になっているニュースに関する質問が出ることもあり、その度に曖昧な知識で答えていました。他の受験生は同じ質問にも堂々と自分の意見を絡めて受け答えしていて、内心驚いたことがあります。今後社会に出るに当たっても、社会でどんな事が起きているのか知っておくことは必須です。遅まきながら、時事ニュースについて知る努力をしようと決意しました。これはきっと就活だけでは無く、社会人になった後にも役に立つはずです。恥ずかしながら今までニュース番組を見ることはほとんど無く、スマートフォンでサッとニュースになっている記事を読むだけでした。そのため自分の興味のあるニュース記事しか読まず、知識にかなり偏りがありました。そこで毎日朝と夜のニュース番組を見ることを習慣にすることにしました。一つの番組だけでは無く、複数の放送局の番組を見ることで、今どんなことが問題になっていたり、話題になっているのかを知ることが少しずつ出来てきているような気がします。疑問に思うニュースについては、親に意見を聞いてみたり、インターネット記事や新聞を読んでみたりしています。今まで知らなかったこと、疑問にも思わなかったことまで知ることが出来て、就活のおかげで成長することが出来たのではないかと感じています。自分の知識に自信が持てるように、これからもニュースに敏感でい続けようと思います。それが就活だけではなく、今後の自分の人生にもいきてくることだと信じています。

受け答えする内容の違いに驚き

自分で言うのもおかしいかもしれませんが、これまで生きてきた中でそこまで苦労したという経験はありません。勉強もスポーツもそれなりに努力すると、それ相応の結果が付いて来ていました。少し頑張れば何でも達成することが出来る、そう思って生きて来た人生でした。ところがそうした考えは、就活を始めたことで見事に覆されました。エントリーシートや筆記試験では問題なく選考を通過するのに、肝心の面接に進むと上手くいかないという状況が続いています。周囲には内定をいくつも貰っている友人もいる中で、結局まだ一つも内定を得ていません。なぜ就活の面接が上手くいかないのか、その原因を突き止めなければ永遠に内定など貰えないという気になってきました。実際そうだと思います。面接の前には志望動機も受ける会社ごとにしっかり考えていきますし、企業研究も怠ったことはありません。でもなぜか面接で手応えを感じた事は無く、二次面接、三次面接に進むことの方が少ないという状況です。自分の何が問題なのか、自分に何が足りないのか、考える必要があります。そこで思い至ったのが、一緒に面接を受ける他の受験生と自分との受け答えする内容の違いです。面接官によっては、雑談のような雰囲気で受験生の意見を聞き出そうとすることがあります。その際最近話題になっているニュースや社会問題を絡めた質問が出ることもあり、正直苦手にしていました。けれど他の受験生は自分の意見を交えながら自信を持って答えていて、その差に内心驚かされた経験がいくつかあります。就活する身としては失格かもしれませんが、今までニュースや社会問題に興味が無く、就活を始めてからもそうしたことに興味を抱かないままでした。けれどこれから社会に出る身としても、話題のニュースや社会問題のことを知らなければ困る局面が多々あるはずです。そこで遅まきながら毎日必ず新聞を読むことにしました。今まで新聞にも大して興味を持っていませんでしたが、改めて読んでみると政治、経済、国際、スポーツなど、様々なニュースが幅広く扱われていて、新聞を読めば何が問題で何が話題になっているのかを簡単に知ることが出来ます。新聞を一つ読むだけで、社会の動向が分かると言っても過言では無いでしょう。今まで新聞を読んでこなかったことを後悔するほどです。新聞を読んで疑問に思ったことはゼミの先生に質問するなどして、だんだん知識が増えて行っていることも実感することが出来ます。就活だけではなく、今後の人生にもきっとプラスになると思い、新聞を読むことを今後も日課にするつもりです。

採用試験は人物重視の傾向にある

ここ数年、有効求人倍数が改善され、職を探す人にとっては有利な状況となっています。しかし有利な状況であるからと言って甘く見ると大きな失敗に繋がります。また理想とする職種に就職する場合には、やはりそれなりの戦略が必要となります。
就職活動をするに当たってはまずは自分が何をしたいのかを見つけることが重要となります。何も考えていない状況でいくら就職活動をしても結果を得ることは出来ません。自分はどういった仕事がしたいのか、将来的にどういった分野で活躍したいのかといったビジョンを明確に持つことが大切となります。
目指すべき方向性が定まったら、その業界についてリサーチすることが次に重要となります。自分が働きたいと思っている業界が今どういった問題を抱えているのか、社会からどういったニーズがあるのかといった様々な論点がそこにはあるはずです。特に近年は激動の時代で、どの分野も激しい動きをしています。そういった動きを新聞やインターネットなどを駆使してこまめにリサーチしておくことが必要不可欠となります。業界を知ることは就職活動に有益な情報をもたらすのみならず、そうした情報は就職後も貴重な存在となります。
そして実際に就職活動をするわけですが、就職活動に欠かせないアイテムがエントリーシートです。従ってエントリーシートを適切に書き上げていくことが次のミッションとなります。エントリーシートには住所や氏名、学歴といった基本情報のほか、志望動機や自己PRを記載することとなります。志望動機や自己PRは重要で、ここは記載する内容を十分に検討する必要があります。ポイントは簡潔に分かりやすく、それでいて先方にインパクトを与える内容がベストとなります。いきなりエントリーシートに記載するのではなく、メモ用紙などに何度も下書きをして納得のいく文面を仕上げることが有効となります。
エントリーシートを書き上げたら、積極的に会社説明会に参加します。入社したいと考えている会社はもちろんのこと、そうでない会社についても幅広く説明を受けることがポイントです。実際に説明を受けたらイメージと違っていたといったことが良くあります。インターネットなどの情報のみを鵜呑みにするのではなく、こうしたイベントに足を運んで生の情報を仕入れることも大切な要素です。
志望する会社が決まったらいよいよ入社に臨むことになります。かつては筆記試験などを実施する企業が多くありましたが、最近では筆記試験を実施せず、面接のみを実施する企業が増えてきています。人物重視の傾向がその背景にあります。こうしたことから面接に関するポイントを抑えておくことが重要となります。また大学では模擬面接なども行っている場合がありますので、そういった制度を活用することも有効策です。

こうした活動をすれば内定を得るのは難しくありません。

成功者の多くは経済ニュースに敏感

企業への就職は書類選考と筆記試験の後に面接があることが多いです。
就職活動(就活)は就職を希望する企業やセクターを決めることから始まり、書類選考、筆記試験、面接までの一連の流れがすべて就職活動の一環となります。
書類選考を通過し、筆記試験もクリアすると面接が最終選考としてありますが、面接官により「最近気になったニュースはありますか?」なんて質問を受けることがあるでしょう。
現在、20代で新聞の購読率は10%未満というデータがあります。
そんな状況で最近のニュースに関して質問を受けても答えられない人が多いでしょう。
従来は新聞という報道コンテンツが重要な情報を得るためのツールであり、政治や経済、事件や事故、スポーツや芸能といった様々な情報を読者に分かりやすく伝えるためのものでした。
毎日新しい情報が掲載され、情報を新陳代謝をさせるツールですが、パソコンやスマートフォンの出現により、いつでもどのような状況でもインターネット環境があれば、クイックに情報を得ることが可能となったため、紙面で新聞を購読する人が少なくなりました。
新聞を取らない家庭が増えたことで、活字を読むことの面倒臭さが増し、政治や経済ニュースに興味がない若者が増えたのです。
就職により働くことで収入を得て消費や貯蓄、投資や運用といった経済に直結することにつながるでしょう。
消費が雇用を生み、経済の歯車を回転させると言われています。
経済に興味のない人でも働くことにより経済と繋がるのです。
成功者の多くは社会経済に興味を持ち、常に経済ニュースに敏感に反応しています。
成功者は経済の多くの情報にアンテナを立てているのです。
就活で面接をする企業側からすれば、経済に注目度の低い人は、採用後の業績に対する寄与度が低いと考えるでしょう。
企業は常に業績を向上させるために従業員が一丸となって働くのですが、社会経済の歯車が会社とすれば従業員は歯車の1つでもあるため、これから雇う従業員が経済に注目していなければ、成長への期待も薄れます。
大手企業の取締役にまで出世する人の95%が新聞を購読しています。
これまでに新聞を購読していない人でも、就職活動を機に新聞購読をすることをおすすめします。
自宅で新聞を取っていなければ、図書館や喫茶店で読むのも良いですし、インターネットでも電子版は購読できます。
新聞のサポートコンテンツとしてインターネットを利用することが良いでしょう。
紙面で活字を読むことと、ネット検索等で理解できないことを調べることが情報収集に役立ち、将来の成功を掴む鍵となるでしょう。
就職はその第一歩となるので、就職活動を的確に進める重要性は高いです。

要領よく情報を集めよう

大学生は4年生になるとほとんどの学生が就活を行いますが、就活の中ではやはり面接が非常に重要なポイントになります。いくら学歴や成績が良かったとしてもあまり会話がうまくなかったり、暗いイメージだったり、人間としての引き出しが少ないと思われるとよい結果はなかなか出せないものです。そのためいろいろなことに気を配りながら、企業の担当とコミュニケーションをとることが重要です。普段あまりしていないかもしれませんが、就活中には一通りのニュースをチェックしておくといいでしょう。面接中には一般的なニュースについての質問をされることも多いです。最近こういう事件が話題になっているけどどう思いますか、という質問や、最近のニュースだと何が気になっていますかという質問はとても多いです。この質問をすることによってその学生がどれぐらい普段ニュースをチェックしていてどんなことに興味があり、考え方は持っているのかということがチェックできるのでよくされる質問なのです。ここで、あまり普段チェックしていないとおどおどしてしまってうまく答えられないので、興味がない分野の内容ほどきちんと見ておくと安心です。経済や海外のニュースなどは意識していないと全然知らないまま面接に挑んでしまうことになるので、一通り薄い内容でもいいので読んでおくことが重要です。新聞でチェックするのが1番良い方法ではありますが、学生だと新聞をとっていない場合が大半なのでインターネットのサイトでも十分オッケーです。ヤフーやグーグルなどで朝や移動中にチェックしておくと会話の引き出しを少しずつ増やすことができます。もちろん、芸能についても見ておくと役に立ちます。営業の仕事や人とよくコミュニケーションをとる必要があるお仕事の面接なら重宝します。人と共通の話題としてとても使いやすいので、あまり興味がなかったとしてもチェックしておきましょう。就活ではテストもあり一般的な教養も必要なので、それを復習するのと共に日々の情報も仕入れておくのがおすすめです。やらなきゃいけない、と義務感たっぷりでやり始めるとなかなか続けられないので自分も楽しめる範囲でやりましょう。また、就活生同士でごはんを食べる時にもちょっと情報交換しながら話すのもおすすめです。活動ではいろいろなストレスが積もっていくものなので、ストレス発散もしつつ要領よく情報を集めると最終的にはうまくいくでしょう。